HOME  2003年山行記録

大菩薩
泉水谷 小室川谷
せんすいだに  こむろがわだに

山行日 2003/7/5
天候  晴れ時々くもり
メンパー 男2名 女1名 計3名


  初級者が不参加となり、いつもの濃ーいメンバーとなってしまったので、泉水谷の小室川谷へ行くことにした。私自身は10年くらい前に行ったことがある。天候に恵まれず、暗い谷と終了点の雲海の上の草原の印象だけが残っている。
  現地に車で集合。良い天気。7時に出合に降り立つ。本流の吊橋は少し下流に架け直されていた。所々残置のトラロープが付いていて少し助かる。S字峡は右岸のリッジを登り、懸垂で流水に戻り、水に足元をすくわれないように次のナメを登る。そこから先の岩最の魚影の濃い事。最近人が入っていないのか、S字峡があるため釣り人は入らないのか、手で捕まえられるくらいいるのだ。脇を通ってものんびり泳いでいる。さすがに10m直瀑の上は少なくなり、2段20mの上には見えなかった。

入口付近の8m滝 石門 4段30mのナメ滝

  残置ハーケンとシュリンゲのある4m滝は滑りやすく腕カ登攀。トラバースの部分に倒木がかかっているので一休みできるが、最後のシュリンゲまで距離があるので届かないと先に行けない。3人以上で行く時は40mザイルの方が使いやすいと思う。
  石門はカメラススポット。小室の淵や10m直瀑の巻きはむしろ簡単。ちょっとした滝のへつりなど、滑りやすく難しいものが多い。
  蛇抜沢を過ぎてからも長い。苔むしたナメ滝は日本庭園風で椿山荘や目本閣あたりにありそう。水は冷たく、妙見の頭近くの登山口に出る直前まで出ていた、
  出合が7:OO、尾根に出たのが15:30、前に来た時も長いと思ったが、10年分の体力差、とてもとても長かった。更に下り3時間以上が待っている。車着19時、疲れた!

HOME  2003年山行記録