HOME  2003年山行記録

西上州
歓能から 碧岩・大岩
かんのうから みどりいわ おおいわ

山行日 2003/12/21 朝発日帰り
天候  晴れ 新雪あり 登山口5〜6cm 上部15cmくらい
参加 1名 単独


 東松山から乗るつもりで出かける。入り口で「本庄児玉より先雪のため通行止め」の案内が出ているではないか。朝まだ暗いうちだったので気が付かなかったのだが、改めて廻りを見渡せば、うっすらと雪化粧している。あれ、ピッケルもアイゼンも持って来なかったぞ…。でも初雪ドライブでもいいかァとそのまま下の道を行く。美里町辺りで夜が明け、榛名の山々が朝日に当たり白く輝いている。こんなに美しい榛名は初めて。これだけでも来た甲斐があった。赤城方面は雪雲に覆われている。
 下仁田から県道に入ると急に雪が増える。ラッセル車は見当たらないが、その代わり砂を積んだトラックの荷台に数人乗り、等間隔に砂をまきながら行くのに3〜4台出会った。
 南牧村辺りを走っていると正面に目的地の尖峰が見えてくる。全体が見えるのはここだけの様だ。
歓能で田口峠へ行く道と分かれ左に入る。2〜3kmで左にコンクリートの橋があり、渡るとトイレ付きの駐車場(7〜8台)があり、三段の滝入口と大きな看板がある。(トイレは冬季使えない)

三段の滝

碧岩

 登山道は居合川添いに付いている。三段の滝までは沢を左右に渡りつつ、はしごも一ヶ所あるが、木橋もしっかり整備されており、何の問題も無く行ける。時折左手に碧岩が見上げられる。
 三段の滝は落差50mくらい、新緑の頃や秋のもみじの頃は最高らしいが、どうして雪に包まれてひっそりと滑り落ちる姿もなかなかである。右手から巻き道が付いている。しっかりとしたものらしいが、雪が10cmくらい中途半端に付いていて、アイゼンを忘れた身には、ここから帰ろうかしらんと思わせるくらい不安定なものだった。上部にロープが付いていなかったら本当に帰ったかも!

 滝の上はまた穏やかな流れとなるが、橋等は無くなり、時折付いているテープが頼り。水量が割とあり、うっかりすると足を突っ込んでしまいそう。間もなく碧岩沢が左から小滝をかけて入る。そのすぐ先、右岸に渡った所に道標があり、居合沢沿いの道は二子岩方面となっている。碧岩へは左へ。居合沢から碧岩沢との小岩稜を越えて碧岩沢へ入る。と間もなく左から枝沢が入る。枝沢に入るとすぐに左の小尾根に取り付く。そのすぐ先にも、今度は右の小尾根に取り付く道もある。(帰りに使った)
 左の小尾根はまばらな雑木林の恐ろしく急な山腹の登りで、雪のため道型がまったく分からず、テープを頼りに次につかまりうる木を目指したり、根っこを掘り出したりとアイゼンを忘れた罰とはいえ、かなりきついものだった。尾根上に出ると少し緩やかになる。途中から尾根の左側の腹をへつるように登る。すぐ左に碧岩の山肌が荒々しく迫っている。

碧岩から見た大岩

 稜線(鞍部)に辿り着くと「左 碧岩、右 大岩」と小さな道標がある。碧岩へは途中にある岩峰を右より巻いて道がつけられている。唯一の一般ルート(南稜)は岩角と木の根を頼りに急登する。ロープも2〜3ヶ所付いているが古い物もあるので余り頼りすぎない方が良さそうだ。足元が切れ落ち、少しふられ気味の所もあるので初心者がいたらロープを出した方が良いと思われる。ただこの尾根には運良く雪は少ししか付いておらず助かった。
 碧岩の頂上は東西に細長く西端の展望は最高。北には立岩など、南牧川対岸の山々や真っ白な浅間山。南には二子岩とククリ岩、西には居合川をはさんで鷹巣岩が見下ろせ、その向こうには上信国境の山々が連なっている。

大岩

 南稜を慎重に下りながら大岩方面を伺うと、あんなの登れるんかいなと思われるような険しさで立っている。先程の分岐まで戻り大岩へ向かう。もう一つの分岐ピーク(ジャンクション)から大岩基部まではとても気分の良い所、時々雪で膝まで没する所もあったが、先程までとはまるで雰囲気が違って穏やかである。ゆるい上下を繰り返しつつ木立を抜けると爽快な岩稜となる。最初のピークまでは恐い所も無く、誰でも来ることが出来るので、周りの展望を考えると是非行って欲しい所だ。

大岩から見た碧岩

 大岩への岩稜は見た目より簡単。ただ一ヶ所、尾根の左より右に乗越す所が、少し高度感があり嫌な感じだが概ねトラバース的な感じで安心して行ける。ロープ等は無い。大岩も東西に長い山頂で西端からは先程登った碧岩が官女のような姿を見せ、東端からは鹿岳や四ツ又山の岩峰越しに上州の町々が新雪に映えて美しい。
 当初このまま東へ向かい勧能に出るつもりであったが、不明瞭という事と雪のため断念し、先程の分岐に戻る。そのまま沢を下っても良いのだが、(ガイドにはそのまま下ったほうが楽とある)二子岩方面への尾根へ少し進み、沢の源頭と思しき辺りから沢に向かって下り少し左にトラバースすると小尾根に出る。そこに薄く道型を見つける。尾根の腹沿いに急下降が始まる。登りに使った急登よりは若干良いと思われる。何にしてもつかまる木が多く助かる。グリセードのように滑り降りる。下りの途中から見る碧岩は両神山の南にある赤岩にそっくりだ。道の形は割とはっきりしているが、夏季はヤブがうるさそうだ。下りつくとそこは登りに使った尾根の取付き点だった。

 ここまで来ればもう一安心。ラーメンを取り出し大休止。雪に慣れたのか三段の滝も登りほどの恐さも無く、もう一度写真を撮り直し、のんびり下山。駐車場には私の車一台のみ。ほかの車の入った形跡も無い。帰りに雨沢で改めて碧岩、大岩の雄姿を写真に撮り塩ノ沢峠を越えて上野村に出る。志賀坂を越えて帰るつもりだったが通行止めになっていたので藤岡に出、254を高速に乗らず…でも日のあるうちに帰れた。

HOME  2003年山行記録