HOME  2003年山行記録


和尚山〜安達太良山
おしょうやま あだたらやま 1700m

山行日 2003/8/2
天候 晴れ
メンバー 男2名 計2人
(コースタイム)
銚子ケ滝登山口6:14⇒7:06銚子ケ滝7:16⇒9:29和尚山山頂付近9:52⇒12:20安達太良山山頂12:40⇒船明神山(13時30分頃到着)⇒銚子ケ滝登山口(16時頃到着)

  磐越道の五百川パーキングで仮眠後、母成グリーンラインの駐車場から、銚子沢のメンバーと一緒に入山した。銚子ケ滝の上部で沢組と分かれ、和尚山方向に向かう。
銚子沢を岩伝いに渡る。この場所には橋があったというが、橋がないことがまさかあの藪こぎのプロローグになるとは思いもよらなかった。梅雨が明けて朝から蒸し暑い樹林帯の中を登ると、2時間弱で視界が開けてきた。
  小休止した後に稜線に出たが、期待と反対に藪がうるさい。藪の中の和尚山の急斜面を下ったところで少し東面が開けたが、その後の安達太良山に向かう稜線は、背よりも高い藪となる。所々にある目印を探しながら汗だくになって藪をこいだ。Oさんは、今回ほどの藪こぎは久しぶりだという。
  和尚山と安達太良山の鞍部を過ぎても藪こぎが延々と続く。稜線に着いてから約2時間後、やっと藪が薄くなり、五葉松平方面からの大勢の登山者が見えるようになった。程なくして安達太良山山頂に着いた。
  ガスがかかり始め、眺望はあまり良くなかった。20分ほど頂上に滞在した後、船明神山に向かう。右手には、荒涼とした沼ノ平が見え、卵が腐ったような火山ガスのにおいもする。左手を見ると、米粒のような人影が見える。銚子沢のメンバーなのか。船明神山の山頂に着くと、銚子沢のメンバーであることが確認できるようになり、合流することができた。
船明神山からは沢組と一緒に下山して車に戻り、磐梯熱海で温泉に入り、五百川パーキングでキャンプした。


HOME  2003年山行記録