HOME  2003年山行記録

安達太良山
銚子沢(石筵川)
ちょうしざわ いしむしろがわ

山行日 2003/8/2
天候  晴れ
メンバー 男3名 女1名 計4名


  五百川のパーキングで仮眠。早朝、母成グリーンラインの登山口駐車場に入る。牧場からの近道は時間が早過ぎてゲートが閉まっており入れなかったが、時間的には大差はなかった。
  尾根組と一緒に入山。銚子滝(日本名瀑百選)は帰りに時間があれば見てもいいということで、滝のすぐ上流から入谷。尾根組は橋がなくて苦労していた。しばらくはゴーロ歩き。飽きる頃に二段滝が現れる。ザイルが必要なのは下段のみ。上段は一応出したものの、必要なかったみたい。その上からはナメ滝が連続するが、難しいものはなく、楽しく登って行ける。久し振りの晴れなので心は浮き立つが水は冷たい。
  二俣は一対一の水量。左に入る。そこからは少しヤブがうるさくなる。ちょうど顔の辺りに笹や雑木がぶつかりうっとうしいが、足元は水苔が美しく、滅入る程のことでもない。一時間ぐらいそれが続いた後、ふっと気分の良い所に出る。奥の二俣である。右沢の方に安達太良の山頂が見えた。左沢は水が消え荒れた草原状になる。山頂あたりにうごめく登山者を眺め、そうめんをいただきながらしばしのんびりする。

  安達太良山は皆登ったことがあるので、左、船明神山へ向かう。源頭をあえぎながら登っていると、尾根を歩いている小川、布山両氏の姿を見つけ声をかけ、船明神の山頂で合流。尾根組の苦労話を聞き、そのまま一緒に下る。
  下り始めのあたりはコケモモ、クロマメノキの群生地。また尾根筋にシャクナゲの木が多い。時期を選んでまた来よう。
  帰りも結局銚子滝は見ずに車に戻り、磐梯熱海の駅前で風呂と買出しをして、またまた五百川のパーキングで宴会、キャンプをしたのでした。

HOME  2003年山行記録