HOME   2004年山行記録

春山合宿
月山
がっさん 1984m

■山行日 2004/05/01
■参加者 男3名 女2名 計5名 別パーティーで家族4名 
■コース 月山スキーリフトより往復


4月30日 
都内を出発して気合で月山湖PAまで行き、仮眠。
都内出発21:30〜月山湖PA着3:30

5月1日 月山 曇り後晴 
8:30駐車場発〜11:30月山頂上〜14:15駐車場着〜18:00鳥海高原家族旅行村着
  PAから見る月山は雲に隠れていて眺めることはできませんでしたが、月山スキー場の姥沢駐車場に移動すると、次第にガスも晴れ、日差しも強くなってくる。スキー場は春にオープンという変わったところで、スキーヤー、ボーダーで賑わっていました。
  リフトを降りると姥ヶ岳には登らずに、直接月山を目指す。スキー組2人、歩き組3人。視界は良好で、歩き始める頃にはルートから頂上まですべて見ることができた。自然そのままでありながら、広大で緩やかな斜面はスキーをせずにはいられない。登山者は7割がスキーで3割が徒歩で圧倒的にスキーヤーが多かった。怪我が完治してないので、スキーを持って来なかったのですが、ただただ「無念・・・」でした。
  周囲の景色を眺めつつ、徐々に高度を上げていくと、鍛冶小屋に着く。とは言え今の時期小屋は無く、基礎があるだけ。
  そこからしばらく夏道を歩き、頂上小屋を経てピークに辿り着いた。遠く鳥海山が、空に浮かび上がるように見えた。
  帰路は羨望の眼差しをスキーヤーに向けつつ下る。スキー隊は広大な斜面を滑らずに、尾根筋にトラバースしてスキー場に戻って行った。なんだかスカッとしないので、尾根筋にトラバースせずに広大な斜面をスキー場に向かって真っ直ぐ横切って帰りました。途中、雪原の真ん中で休憩しましたが、広い雪原を貸切った気分に浸れて、モヤモヤした気分が晴れました。
  リフト上駅でスキー隊と合流し、それぞれゲレンデを下り駐車場へ戻りました。一日中良い天気でした。
  下山後は酒田で買出し後、鳥海高原家族旅行村でキャンプ。ここはケビン村、オートキャンプ場、キャンプ場といろいろあって、環境は最高でした。

HOME   2004年山行記録