HOME   2004年山行記録

奥秩父
沢登り 大常木谷
おおつねぎだに

■山行日 2004/7/10-11
■参加 男2名 女1名 計3名


7/10 晴れのち雷雨

  天候が不安定で局地的な大雨が心配なので、井戸沢より短く安全な泊まり場のある大常木谷に変更した。前回来た時には、本流の一ノ瀬川が増水して濁っていたので大変苦労させられたのだが、今回は苦労した下流よりの入谷はやめて、上流より降り少し下って穏やかに出合に着いた。

ゴルジュ

  水量は少なく、前回の大変だったイメージがあるのでとても楽に登れた。出合はナメ床から始まり、最初の大きな滝、五間の滝は釜をへつり右を直登。右に高巻き道もついていたが、余程恐そう。

千苦の滝

  千苦の滝は左岸に高巻きルートがある。しっかりしたものだが高度感があった。山女魚淵のトロは流木を利用して上手に歩けばヘソまで。Oさんは背の関係でちょっと失敗もあり首まで。A君は初めから泳いだ。後の滝や釜もぬれるのをいとわなければ快適に遡っていける。

不動の滝

  廊下を抜けたあたりで岩魚が群れていたので竿を出し少し遊ぶ。不動の滝は簡単に右から巻き、ゴーロの河原に入ったあたりでいきなりのどしゃ降り。雷の音の予兆もなかった。11時30分、降るのは午後からだろうと思っていたのだがあまりにも早い。
  すぐキャンプ地の小屋跡に着いたが、雷も鳴り出し水量もかなり増えた。テントを張り、少し飲んでやむのを寝て待つ。夕方になってから焚き木を集め盛大に燃やし、衣服を乾かす。前日まで晴れていたせいか中まで湿っていないのだろう、中々の火の勢いだ。焚き火大好きのA君、先に休むという。体調が悪いらしい。

7/11 晴れのち曇

  増水した水も朝には平水に戻る。A君には不調をおして頑張ってもらう。朝は快晴だったのにツメに入る頃(10時頃)には早くもゴロゴロと鳴り出した。特に最初予定の井戸沢方面に雲が多く、音もそちらからしている。あっちに行かなくて良かった。下に着くまでは降らないで欲しいと祈りながら急ぐ。運良く降られずに車に戻ることができた。
  帰り道、奥多摩のダム付近は大雨だったらしく、工事車が雨で流れ出た土砂の始末をしていた。

HOME   2004年山行記録